タイ語勉強ノート

自分が出会ったタイ語たち

滞在したホテルの部屋に大きな蛾がいた。

蝶はผีเสื้อと覚えていたが、蛾は何というのだろうということでタイ人に聞いたら、ผีเสื้อผีと教えてくれた。ผี(お化け)が2つ重なるのが面白い。ゴッタイさんで調べるとผีเสื้อกลางคืนと出ていた。そのタイ人に訊くとそれでもOKだが、夜の蝶=夜の水商売のホステスという意味の方が強いかもとのことだった。この辺は前後の流れで判断するしかないのだろう。しかし、繋がりはないにしてもホステスと蛾が同じ単語なのはホステスさんが可哀想な気がする。

ホステスという意味では、ผีเสื้อราตรีというのもあるらしい。こちらも夜の蝶。