タイ語勉強ノート

自分が出会ったタイ語たち

社員旅行2018 1日目

毎年、社員旅行している。タイでは従業員に対する重要な福利厚生の一つ。

その昔、เที่ยวบริษัทと言って笑われた。บริษัทเที่ยวが正しい。

今年の場所はสุราษฎร์ธานี。

ドンムアン集合で、車で向かう途中、早速ビルの看板に見慣れない文字w

ท่าอากาศยานดอนเมือง

空港は、、สนามบินだけだったけどท่าอากาศยานもあるらしい。ただし文語とのこと。

社員旅行は新しいタイ語との出会いの宝庫。

空港に着いてレストランに向かう。道路脇はあちこちで洪水。そういえば過去から洪水で有名な場所。レストランでは典型的な南部タイ料理。

f:id:iloveroyalgems:20181208150545j:image

อาหารใต้

辛いので敬遠しがちだが、今回は美味しく感じた。ยอดมะพร้าวが美味しいとスタッフが

言っていた。ยอดは頂上とか合計としか覚えていなかったが、新芽という意味もあるようだ。

มะพร้าวとปาล์มは違うとも言っていた。同じかとも思ったが、ปาล์ม(パーム)は椰子の木の総称で、そのうち有名なものがココナッツมะเพร้าとのこと。

空港から1時間30分、そこから小舟に乗り継いで来たのがここ。

f:id:iloveroyalgems:20181208193612j:image

f:id:iloveroyalgems:20181208193625j:image

เขื่อนรัชชประภาในอุทยานแห่งชาติเขาสก

世界最古の熱帯ジャングル。

f:id:iloveroyalgems:20181208193704p:image

イカダのリゾート。部屋が揺れている。

f:id:iloveroyalgems:20181208211554j:image