タイ語勉強ノート

自分が出会ったタイ語たち

社員旅行 ナーン จังหวัดน่าน

昨年は、南のスラタニสุราษฎร์ธานีだったが、今年は北のナーンน่าน。ここも秘境と言われている。

プログラムはひたすら寺巡り。着いて2寺、1郷土博物館に行く。ミャンマーの影響が建築、仏像、風俗に色濃く現れている。有名な寺の壁画

f:id:iloveroyalgems:20191014123025j:image

あちこちにこの壁画の男女のTシャツが売っている。境内では伝統菓子ข้าวหลามも売っていた。

f:id:iloveroyalgems:20191014123134j:image

それにしても今回のガイドの知識量が半端ない。大学の教授からガイドに転身したらしい。郷土歴史研究家という感じで何も見ずに解説しまくる。凄かった。

その後川沿いで昼食。川の水量が少なかった。

スタッフが

แม่น้ำแห้ง

と言った。川が枯れているイメージだが、水量が少ない時も使うようだ。その後も寺巡り。

寺で掛け軸のようなものを自作してタンブンするワークショップがあってヘラでのり付けした。年は何と聞かれてしばらくわからなかった。午年は、ปีมะเมีย

f:id:iloveroyalgems:20191014125309j:image

2日目。ラフティング

いぜんマッサージのおばちゃんに説明した時うまく言えなかった。ลงแพと聞こえたが、これだと船に乗るのと同じになってしまう。今回改めて調べたらล่องแพが正しい。直訳すると筏下り。

初めての体験でオールを漕いだ。漕ぐやオールはพาย。

午後、ウサギの干支のお寺に行った。

ウサギ🐇กระต่ายの置き物があちこち。卯年はปีเถาะ

f:id:iloveroyalgems:20191014153021j:image

夜は前王の命日とのことでローソクを灯す儀式。蝋燭はเทียน、ガイドから消す時に吹き消してはいけないと言われた。อย่าเป่าっと嫁さんは間に合わず吹き消していた。ディナーではカオソイข้าวซอย。料理が多すぎて少ししか食べれなかった。😭

最終日ออกพรรษา 早朝、自分は行かなかったが、有志で托鉢僧にお布施するใส่บาตรに行ったようだ。その後、โอทอปで買い物、昼食後、ร้านกาแฟで一服。← 今ココ

最近はオシャレな場所も増えているようだ。

f:id:iloveroyalgems:20191014153124j:image

これから飛行場へ。バンコクに帰る。

Apple Watch 5

G Shockもずいぶん古くなってきたので、Apple Watch 5でも買おうかなと思って調べた。

タイ語を読んで調べると9月と10月が錯綜しているが、

เปิดตัว  発表日 9月20日

วางจำหน่าย 発売日 10月25日

らしい。タイのウェブは〇が省略されている活字なので読み進むのが萎える。

ここまで調べて、結局、嫁さんが日本に帰るので、通販で注文し日本から持ってきてもらうことにした。

事務所内パントリーを覗いたら

タイ人従業員の中にも、やはり綺麗付き、きちんとしている人もいれば、あまり清潔さに気を配らない人もいる。

総務担当が、パントリーの不清潔さに少し感情を害したのか、流し台近くに張り紙

ห้ามเทเรี่ยราด

張り紙にするくらいなので、そんなに難しいタイ語ではないと思うが、ごったいさんには載っていなかった。自分も知らなかった。

タイ英辞書に寄れば、เรี่ยราดでscatteringlyとある。この英語も意味を推定はできるが、あんまり見たことのない言葉。

(水を)「飛び散らして注ぐの厳禁」くらいの意訳なのかな。。。

血管と血筋

知り合いの妹の娘さんが血管が菌に感染?しているとかで病院に検査入院しているらしい。可哀想に。

血管はเส้นเลือดだが、สายเลือดとは言わないの?と聞いてみたら、それは血筋という意味になるらしい。血筋とか血統はเชื้อสายで覚えていたが、同じ意味とのこと。

なお、この知り合いは、ほぼเชื้อสายไทยแท้=タイ族の血筋とのことだった。

ちなみに自分は少し鷲鼻だし、弥生人=大陸人の血筋 (^_^;)

免許更新に行ってきた。

タイでの免許更新。結構、ハードルが高い。危うくフィジカルチェックで落ちそうになった。機械に表示される信号の色も薄くて黄色なのか緑なのかわからない。役人のおばちゃんに机をたたいて叱られながらもなんとか通してもらった。(涙)

それにしても役人が昼食をとるので12時から1時まで昼休みという記載があって、รับประทานという言葉を使っていた。何これとごったいさんで調べたら王室用語で(食事を)召し上がるの意味とのことだった。

王室用語なのに政府の役人でも使えるんだなぁと何となく違和感を感じた。

車の車検場?も兼ねているので病院でおなじみ、บำรุงという言葉もあちこちの掲示にあった。(スペルを覚えていなかったので、付記)

ボンボン

ヘッドカバーの打ち合わせをラインでしていて、กระตุ้มの色単色でいい?と聞かれた。うん?どこだと思ってごったいさんで調べたが出ていない。ตุ้มで調べたら、丸い、ぶら下がったものと出てきて、あーとなった。กระดิ่งとも言っていた。調べたらこちらは鈴のこと。

ヘッドカバーの頭部分についているボンボンのことをいっているのか~。

ゴルフバックが全英オープン仕様なので、英国戦闘機の国籍マークをイメージしたもので頼んでみた。

写真は試作8番アイアン

f:id:iloveroyalgems:20190827100144j:plain

イギリス戦闘機 国籍マークをイメージしたボンボン

 

タイミング

ゲーム、キャンディークラッシュサーガに嵌っているタイ人は多い。

つられて自分もやっている。なかなかうまくできているが、実力はほとんど関係なく、基本、運がよくないと面をクリアできない。

ゲームしているタイ人のつぶやきでよく聞くのが、จังหวะไม่ดี----タイミングが悪い。จังหวะはリズムのことかと思ったが、タイミングと言う意味もあるらしい。

それにしてもなかなかはまりやすいゲームである。いい大人がみっともないが、現在レベル2000にむけて進撃中。